FC2ブログ

親切の押し売り

今日は職場の東ちゃん(仮名)と営業です。
東ちゃんは1番年下のマスコット的存在の女の子。

営業先では話すので、喉が渇くかな~と思い、
出かける前にペットボトルのお水を差し入れしました。

そこで、事件が発生したのです。

私:「東ちゃん、よかったらどうぞ~」

東ちゃん:「ありがとうございます~」

そして、東ちゃんは私が差し入れしたペットボトルを受け取り、
冷蔵庫のある方向へ行った。

パタン

「パタン?ペットボトル、冷蔵庫に入れた?」

出先で飲むために買ったのよ、私。
職場に戻ってからだったら職場のお茶でいいでしょうに。

その気持ちがフッと湧いて、声になったの。

「東~!!!」

東ちゃん、顔は笑顔を作っていたけど、体は蛇に睨まれた蛙のように固まってたわ。

そして、再び冷蔵庫へ戻り、ペットボトルを出し、
貴重品を扱うかのごとく保冷バッグにペットボトルを入れた…。

その後何事もなかったように営業に行きました。
もちろん、東ちゃんはペットボトル持参だった。


東ちゃん、悪かったわ。
私、親切の押し売りしちゃったわね。
でも東ちゃん。
私、反省している反面、あなたの動作や表情がとっても可愛くて、
たぶんまた親切の押し売り、いえ、ただの押し売りをすると思うのよ。

だから早目に謝っとくわ。

ごめ~ん。
スポンサーサイト



コメント

‼︎‼︎‼︎笑
東ちゃん(笑)の、固まった様子がまたしても目に浮かびます( ´ ▽ ` )
でもその小動物的な可愛さがクセになるんですよねぇ〜…ついイジメたく…いやいや、可愛がりたく、なるんですよね❤︎笑

ふふふ

そうそう!ついいじめたく…いや、可愛がりたくなるんだよね〜(笑)

Secret

プロフィール

安穏(annon) 

Author:安穏(annon) 
酵素と美容と育児の日々を送ってます。
本を情報源に、アンチエイジング、美肌を得ることはできるのか?
実際に読んだ本から女子力UPのヒントを拾い出します~。

カウンター

カレンダー&アーカイブ


検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ、安穏です。

現在時刻





総記事数: