FC2ブログ

重ね煮について

重ね煮ってご存知ですか?
安穏は年末、たまたま図書館で手に取った本にはまってしまってます。

重ね煮・・・。

野菜を重ねて煮るってだけの話なんですけど、これがびっくり、

だしをとらない。

あくもとらない。

調味料は「塩」か「醤油」か「味噌」だけ。

重ねる順番には意味がある。


これで本当に美味しいの?と半信半疑で作ってみました。
だって、お正月で胃が疲れてたし、デトックスやダイエット効果もあるって書いてたから・・・。

お味の方は、

「薄っ!!」

って程薄いんですけど、足りなければ塩を足していいそうです。しかし、安穏はこの薄さが良かった!
野菜の優しい味が本当に体に染み渡る感じで、素材本来の味をしっかり味わうことができるんです。

最近寒いでしょ。
安穏、朝ジュースがなかなかできなくて、夜のうちに作ってそれを朝飲んだりしてるんですが、
その時に一緒に重ね煮も作って、朝、1リットルサイズの魔法瓶にそれを入れてお昼ご飯にしています。

切ってお鍋に重ねて入れて煮込むだけだから、簡単~

重ねる順番ですが、これ、「陰陽調和」の考え方で示された順番なんです。

陰陽調和とは、古くから東洋に伝わる考え方で、自然界のすべてに陰陽の流れがあって、
食べ物にも体を温める「陽」と冷やす「陰」があるそうです。
これらを調和して、「中庸(ちゅうよう)」に近づけるとバランスが良くなって、
結果、巡りの良い体になるというわけ。

お鍋に入れるときに、いちいち「陰」「陽」って考えながら入れるの、
面倒くさい~って思われるかもしれません。

でもね、結構簡単なんですょ。

下から
果菜

葉菜

根菜

の順番で入れていけばOK!

果菜っていうのは、「なす」「きゅうり」「きのこ類」や「海藻類」も下に入れます。
葉菜は、「レタス」「白菜」とか・・
根菜は「にんじん」や「大根」イモ類も上のほうに置きます。

本にはもっと詳しく書いてるけど、果菜と根菜を逆に入れない限り、
あんまり神経質にならなくてもいいそうです。

デトックス効果ありそう~。
お正月でちょっと食べ過ぎた方にはぜひぜひおススメの食べ方です。

安穏が借りた本はこれ


                    
スープとありますが、野菜のおかずレシピも載ってました。1ページだけだったけど、養生ドリンクっていうのもあって、葛湯の作り方もあり。お薬を使いたくないときに役立ちそうです。


お正月明けに借りた本はこれ

                     
こちらはおかずのレシピが多いです。
それから、2冊とも4人分のレシピ。重ね煮する野菜などの材料はレシピどおりにすると結構な量になります。
安穏家は大人2人、ちびっ子1人なので、そこは適当に減らして作ってます。野菜いっぱい食べられるょ。
陰陽調和の事を詳しく書いてるのは最初の本の方だけど、重ね煮に適したお鍋とかQ&A式に説明してるのはしたの本です。陰陽調和をもうちょっと詳しく知りたい時は、著者の梅崎和子さんの他の本を読んでみるのもいいかもしれません。


美肌は健康から!
今年も体に気をつけて、頑張るぞ~。
皆様、どうぞよろしくね
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

安穏(annon) 

Author:安穏(annon) 
酵素と美容と育児の日々を送ってます。
本を情報源に、アンチエイジング、美肌を得ることはできるのか?
実際に読んだ本から女子力UPのヒントを拾い出します~。

カウンター

カレンダー&アーカイブ


検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いらっしゃいませ、安穏です。

現在時刻





総記事数: